カジノゲームルール

テキサスホールデムポーカーのルール

オンラインカジノをプレイする日本人の間でも、テキサスホールデムポーカーは人気が出てきています。今現在ではポーカーと言うと、このテキサスホールデムが一般的です。

このテキサスホールデムポーカーは一般的に、プレイヤーとプレイヤーが対戦することになるので運にあまり左右されずに、戦略やスキルで勝つことが可能な数少ないオンラインカジノのゲームの1つです。

ルールは最初の内は多少複雑なように見えるかも知れないですが理解する、それほど難しい訳ではありません。

とは言っても奥が深く対戦相手の手持ちのカードを読みとり、どのような戦略を立てるのかにより手持ちのカードが良くない場合でも勝つ可能性があるハッタリをかませやすいゲームであると言えるのです。ロイヤルストレートフラッシュが最も強い役で、ワンペアが最も弱い役となります。

まず知っておきたいことは、テキサスホールデムポーカーでは1度ゲームがスタートすると、新しくチップを買ったり、プレイヤー同士でチップを貸し借りすることは出来ないということです。賭ける機会は4回以上あり、その度に賭け金が増えていきます。

ゲームを継続するか、途中で降りるかを選ぶのはプレイヤーの判断次第です。最後までゲームを続けたプレイヤーがチップを総取りすることになるため、賞金の金額が大きくなります。

ゲームを始めたときは、ボタンと呼ばれる親を決めるのです。それぞれのプレイヤーは1枚のカードを引いて、最も強い数字のカードを引いたプレイヤーがボタンになりディーラーであることを示すものがテーブルに置きます。

ボタンの左隣にいる人がスモールブラインドと呼ばれ、さらにスモールブラインドの左隣にいる人がビッグブラインドと呼ばれることになる訳です。次に、それぞれのプレイヤーにカードが2枚ずつ配られます。

スモールブラインドからカードが時計回りに配られてからビッグブラインドが、そのテーブルで前もって決められている最低額の掛け金を賭ける必要があるのがルールです。

強制的にスモールブラインドは最低額の半額を賭ける必要なあります。

そしてアンダー・ザ・ガンと言う、ビッグブラインドの左隣にいる人は、ビッグブラインドが賭けた金額を賭けた上でコールしてゲームを継続するのかどうかを決断するのです。決断する時点では2枚しかカードが配られていない状態となっています。

フォールドしてゲームから降りるかコールしてビッグブラインドと同じ金額を賭けてゲームを継続するか、レイズして賭ける金額を積み増しすることが可能です。

ビッグブラインドとスモールブラインドは、すでにチップを賭けているため、プリフロップではパスして他の人が、どのような行動をとるのか様子を見ることが出来ません。

パスに相当するチェックは、誰もチップを賭けていない状態のときだけに使うことが可能です。

誰かがレイズして掛け金を積み増ししたときには、次の人は積み増しされた掛け金でコールするのかフォールドするのかを決断する必要があります。