オンライン決済サービス

iwallet(アイウォレット)の登録と入金の仕方

iwallet 公式サイトへ

オンラインカジノはネット環境が整備されていると、誰でもいつでもプレーすることができます。通常のカジノは国や政府機関により取り締まりや規制を敷いている場合がありますが、

オンラインではそういったルールに寛容で法律や罰則に触れることはきわめて少ないと言えます。

カジノは条例により、最近までは日本で禁止とされてきました。しかし法改正や世界的な価値観の変化に伴い、日本でも競技場を作り国民が参加できるシステムが完成しつつあります。これまでカジノが日本国内でマイナスイメージを持たれてきた理由はいくつかあります。

まず第一に、賭博やギャンブルであるというイメージを持つ人が多かったことが挙げられます。夜の世界で行われ短時間で大金が動くことから、私たちは好んで目を向けることはしませんでした。

ところが、海外ではカジノに対する印象は日本とは逆であるケースが多いです。ゲーム感覚で酔いしれる方が多く、日常の一部として位置づけられています。

オンラインカジノでも、構図は基本的には同様です。

参加するにあたり、まずオンライン決済サービスの手続きを完了させる必要があります。決済サービスの中でも、手続きが短時間で行えるもののひとつにiwallet(アイウォレット)があります。

まずホームページにアクセスし、そこから右上にあるアイコンをクリックします。

するとアドレスを入力する欄が出てくるため、利用可能なアドレスを入力します。このとき、海外からメールでも受け取り可能な設定にしておかなければなりません。入力が完了すると、個人情報の登録へと進みます。

新規口座開設のページでは、氏名・生年月日を入力したのちパスワードの設定を行います。この時、パスワードは他人から推測するのが難しい番号にしておくことが無難です。

以上を入力し表示情報に相違がないか確認をしたのち送信ボタンを押すと、仮登録が完了します。

そこで自身のアドレスに送られてきたURLをクリックすると、本登録が完了します。

講座設定の一連の流れはこれで完了ですが、初期段階では1,000ドルまでしか利用できないデメリットがあります。そのため、口座のアップグレードが必要となります。先ほど入力した口座開設情報に加え、さらに詳細を入力していきます。

郵便番号や住所・電話番号などを間違いが無いように打ち込んでいきます。ローマ字表記での入力が原則であるため、注意が必要です。以上でユーザーの基本登録がなされます。

次にiwallet特有の認証を勧めなければなりません。住所登録証明書と、本人の顔写真付きの本人確認証のアップロードが必要です。前者は発行から三カ月以内、後者は有効期限三カ月以上のものの提出が義務付けられています。

提出物は文字が鮮明であることと、フルカラーでなければなりません。提出に置いてファイル形式においても定めがあるため、事前確認が求められます。

これらがすべて完了すると、審査の通過待ちを行うこととなります。

iwallet 公式サイトへ